キャンプ飯!スキレットを使って薫製を作ろう


どうもnorthcampfireです。

新型コロナも落ち着きを見せず、自宅で過ごす方々も多いのではないでしょうか。我が家も自宅で過ごすことがとても多くなりました。

こんな時間を利用して、お庭でキャンプ料理を楽しむことにしました。今回は以前から気になっていたスキレットで薫製はできるか。って疑問です。

いろいろ調べるとスキレット鍋2枚あれば簡単にできるようです。

そこで簡単な素材を使ってキャンプでできる簡単薫製料理を紹介します。

キャンプ飯!スキレットを使って薫製を作ろう

■さくらチップとピートスモークパウダー

提供:northcampfire

スキレットにアルミホイルを巻きます。そして

といった「さくらチップ」と「ピートスモークパウダー」を適当に敷きます。意外と少量でも十分煙は出ます。

■具材はカマンベールチーズとウインナーとベーコン

提供:northcampfire

お酒のつまみならこの程度で十分です。

■スキレットの2枚重ね

提供:northcampfire

スキレットを加熱し、煙が出てくるまで炙り続けます。煙が出てきたら、網を置き具材を並べます。そして、もう1枚のスキレットを被せるだけ。

これだけで美味しい薫製が出来上がります。

ニトリのスキレット鍋はコスパが良いです。

■薫製の完成

提供:northcampfire

チーズとベーコンの薫製。

続いて、

提供:northcampfire

ベーコンとソーセージ。本当は茹で卵もやりたかったのですが、このサイズのスキレットには収まらないようです。次回、ダッチオーブンで楽しみましょう。

もっと豪華にたくさん作ればよかった。

まとめ

スキレット鍋2枚あれば簡単に薫製を作ることができました。しかもしっかり煙も出て、薫製の香りも強く、とても美味しくいただけました。これならキャンプ場でもゆっくりしながら薫製料理を楽しめそうです。なんといってもキャンプの楽しみの一つは料理ですから。

キャンプで美味しい料理を楽しみましょう。それではまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)