[2022年]まあぶオートキャンプ場!土砂降りでもタープで快適キャンプ


どうもnorthcampfireです。

2022.06.11(sat)~06.12(sun) 天気:雨のち曇り 最高気温:21.2°c 最低気温:13.6°c

北海道もようやく少し暖かい日が訪れるようになりました。

今回は北海道深川市にある「まあぶオートキャンプ場」を訪れました。この日の天候は雨。我が家では雨が降らないことが多かったのですが、ついに雨キャンプとなりました。

まあぶオートキャンプ場での実際のキャンプの様子についてレポートしていきます。

[2022年]まあぶオートキャンプ場!土砂降りでもタープで快適キャンプ①

まあぶオートキャンプ場へのアクセス

まあぶオートキャンプ場は北海道深川市にあります。旭川から車で約40分、札幌から高速道路を経由して約1時間30分と好立地にあります。

管理棟で受付

早速管理棟で受付を済ませます。入口のゲートを抜けると大きな管理棟が見えてきます。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

利用するのはCサイト

今回利用するのはオートサイトC(電源付き)になります。

提供:northcampfire

気になる利用料金

気になる料金は次のとおりです。なんと「ぶんぶんクラブ」加入で10%割引になりました。その他各種カードでも割引が受けられるので事前に確認しておくといいでしょう。

サイト利用料金

オートサイトA料金/1泊4,000円、日帰り2,000円
※金・土・祝前日は+500円
電源・水道・野外卓
オートサイトB・C・D料金/1泊3,000円、日帰り1,500円
※金・土・祝前日は+500円
※ペットサイトはDのみとなります
電源
キャンピングカーサイト料金/1泊5,000円、日帰り2,500円
※金・土・祝前日は+500円
電源・汚水排水溝
フリーテントサイト料金/1泊500円、日帰り250円区画のみ
出典:まあぶオートキャンプ場

入場料

サイト料金の他に別途入場料がかかります。

入場料中学生以上/1泊1,000円、日帰り500円
小学生/1泊500円、日帰り250円
65歳以上・障害者大人等/1泊500円、日帰り250円
障害者小人等/1泊250円、日帰り125円
出典:まあぶオートキャンプ場

炊事場とトイレ

炊事場電子レンジと温水器が使えます。
トイレ洋式トイレ(ウォシュレットなし)です。
出典:まあぶオートキャンプ場

オートサイトC

管理棟で受付後、オートサイトCをめざします。まあぶオートキャンプ場は一番高いところから順にオートサイトA〜B〜Cとなっています。我が家が泊まるCサイトは坂を降った下側のサイトになります。

提供:northcampfire

テント設営

早速テントを設営していきます。今回は時折強い雨が想定されたため、スノーピークのヘキサエヴォとアメニティドームMを建てていきます。

完成はこんな感じ↓

提供:northcampfire

[2022年]まあぶオートキャンプ場!土砂降りでもタープで快適キャンプ②

夕食タイム

昼食と夕食が一緒になってしまいました。今回は我が家ではめずらしく、炭火で焼き肉&バーベキューです。

アメリカ産焼き肉セットがとても美味しかった。

提供:northcampfire

深川市の道の駅「ライスランドふかがわ」で購入した深川米のおにぎりを楽しみます。できるだけ地元のものを食べるようにしています。

提供:northcampfire

続いて実家からもらったアスパラとししとうを焼いていきます。

提供:northcampfire

土砂降りキャンプ

予想していたものの、想像以上の雨キャンプとなりました。サイトが少し高い位置にあるため、浸水することなく過ごせました。

雨の日のタープは最高ですね。タープ内にテントを張ることで雨を防ぐこともできます。帰宅後のテント干しも軽減できます。

雨の様子はこちら↓

提供:northcampfire
提供:northcampfire

雨が降り続く

夜を迎えても雨は降り続けます。雨キャンプもいいものですね。雨用の小さなテントが欲しくなりました。

雨のテントサイトはこちら↓

提供:northcampfire
提供:northcampfire

[2022年]まあぶオートキャンプ場!土砂降りでもタープで快適キャンプ③

朝食タイム

雨は夜中の1時頃まで続きました。タープの中にテントの大部分入れているので、雨音もあまり気にせずぐっすり眠れました。

いつもより遅めの朝食タイムです。イオン旭川西店の「三重名古屋東海フェア」でゲットした「味噌煮込みうどん」を食べました。味が濃くて、寒い朝には最高の朝食です。卵を落として食べます。ネギも欲しかった。

提供:northcampfire

恒例のあまりもの朝食で食べていきます。昨晩の焼き肉の残りです。スキレットで調理します。焼き肉は完食できました。やっぱり炭火の方がうまいですね。

提供:northcampfire

お散歩タイム

朝食を終えるといつものお散歩タイムです。

バーベキューハウスがありました。中学生以上はキャンプ場利用ありで450円/人だそうです。炭や網はキャンプ場で準備してくれるそう。昨晩は電気がついていましたね。

提供:northcampfire

コテージ方面はこんな感じ↓

提供:northcampfire

AサイトやBサイト方面を散策してみます。Aサイトから見える深川市内。

提供:northcampfire

Aサイトには野外宅や水道設備も設置されています。サイトも少し広い感じがしました。

提供:northcampfire

下側がBサイトで、上側がAサイトになります。

提供:northcampfire

まとめ

天候に恵まれず雨キャンプとなってしまいました。そんな雨キャンプでもタープだと意外と安心して過ごせることがわかりました。気温もそれほど下がることなく過ごせたこともあるかもしれません。

気になるのは雨後のテントの後片付け。どうしても乾燥させないとテントが痛んでしまいます。そんなときタープだと構造が簡単なので干しやすいですよね。雨でももっとキャンプが楽しめるよう工夫したスタイルを考えてみようと思います。

北海道の短い夏が始まります。キャンプを満喫していきましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)