秋の朱鞠内湖!フライで幻の魚イトウを狙う!?


どうも。northcampfireです。

朱鞠内湖といえば、幻の魚イトウが棲んでいる湖。その管理も地元の漁協にしっかりと管理され、メーターオーバーも釣れている実績ある湖です。

northcampは毎年春と秋に必ず訪れ、幻の魚イトウを狙います。

これだけ訪れていながらも、アメマスやサクラマスは釣れるのですが、いまだイトウを釣り上げたことがありません。

それだけ難しい魚ってことにしておきましょう!

さて、この日は渡船サービスの朝一便を利用しました。行き先はいつもおまかせにしています。着いたのはイタリア半島というポイント。

魚がついていそうなポイントなどは、船長さんが丁寧に教えてくれます。

いつもの引っ張りのシンクラインに、でっかいマラブーでアメマスがヒット。

朱鞠内湖といえばイトウですけど、アメマスだって立派なトラウトですから。

なんといってもこの景色とゆったりとした時間が何よりの贅沢です。離島で持ち込んだカップ麺をゆっくり食べて、コーヒーを飲みながらボーッとする。

釣りをしながら最高の贅沢を楽しみましょう!

レークハウスしゅまりない

朱鞠内湖は有名なキャンプ地でもあり、キャンプをしながら釣りももちろんできるのですが、イトウやその他トラウトの釣果を狙うなら、活性が高い春や秋の寒い時期になります。

そんな時期のキャンプは、余程のハードキャンパーでない限り、難しいでしょう。しっかり体力を温存または回復して釣りに没頭したいものです。

朱鞠内湖では日の出頃から渡船サービスが利用できます。

早朝から釣りを満喫したい方は、こちらの宿がお勧めです。

中に入ると、海外に来たかのような雰囲気で、ダッチオーブン料理を楽しむことができます。さらに、釣りパックなるものが。お菓子やカップ麺、コーヒーの他、ガスコンロまたは魔法瓶も貸してくれます。おにぎりの追加もできます。

幻の魚!イトウを求めて!

幻の魚。イトウはなかなか釣らせてくれません。メーターオーバーとは言わなくても、いつかは絶対に釣り上げたい魚です。

これからも夢を求めて、イトウを求めて、大自然の中で、釣りを楽しみながら、ゆったりとした贅沢な時間を楽しんでいきましょう!


“秋の朱鞠内湖!フライで幻の魚イトウを狙う!?” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)