【2021年】キャンプ料理で使えるメッシュテーブルおすすめ6選


どうもnorthcampfireです。

北海道も本格的にキャンプをはじめる方々も徐々に増えてきました。キャンプといえばバーベキューやキャンプ料理が一つの大きな楽しみです。

キャンプ料理にかかせない「やかん」や「鍋」「スキレット」など熱い調理器具を扱うことも多いと思います。そんなとき熱に強くワイルドに使える「メッシュテーブル」が大活躍します。

そこで、2021年におすすめとなっている「メッシュテーブル」をご紹介します。

アイキャッチ:LUM3NによるPixabayからの画像

【2021年】キャンプ料理で使えるメッシュテーブルおすすめ6選①

■メッシュテーブルの利点

メッシュテーブルは鉄でできており、天板がメッシュになっていることから耐熱性も高く、熱い「やかん」や「ランタン」、調理後の「スキレット」などを直接おくことができるので、非常に便利です。

薪の上でワイルドに調理も楽しめます。

【2021年】キャンプ料理で使えるメッシュテーブルおすすめ6選②

■ChillCamping(チルキャンピング) キャンプ アウトドア テーブル

商品仕様
サイズ使用時:30×62×18cm 収納時:30×62×2.5cm
素材天板:鉄
サイド:木
収納袋:ポリエステル
重量2.46kg

■YOLER メッシュテーブル

商品仕様
サイズ展開サイズ:(約)幅43cm×奥行32cm×高さ26cm
収納サイズ:(約)幅43cm×奥行32cm×厚み6cm
素材
重量約2.2kg

■YOLER アウトドアテーブル

商品仕様
サイズ 展開サイズ:(約)幅55×奥行30×高さ18cm
収納サイズ:(約)幅55×奥行30cm
素材
重量1.6kg

■DOD テキーラテーブル

商品仕様
サイズ(約)W115×D49×H41cm 
素材木材,金属
重量(約)8.6kg

■BUNDOK マルチ 焚き火 テーブル

商品仕様
サイズ幅83x奥行17x高さ34.5cm 4個セット
素材ステンレス鋼
重量7.3kg

■BUNDOK IR テーブル メッシュ 焚き火 折りたたみ コンパクト

商品仕様
サイズ展開サイズ:52x30x29cm
収納サイズ:44x30x25cm
素材木材, 金属
重量1.9kg

まとめ

ソロ・デュオやファミリーキャンプなど、キャンプスタイルによってお好みのサイズを選択すするのがいいのではないでしょうか。また、実際の安定感などを考えるとある程度重量感があるものもいいですが、持ち運びに苦労することもあります。

それぞれのキャンプスタイルに応じて、よりワイルドでかっこいい「メッシュテーブル」で、キャンプ料理を楽しみましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)