[2022年]オートリゾート苫小牧アルテンでGWキャンプ!


どうもnorthcampfireです。

2022.4.29(fri)~5.1(sun) 天気:晴れのち曇 最高気温:18.2°c 最低気温:1.4°c

今回は、GWを利用して2泊3日のキャンプを「オートリゾート苫小牧アルテン」で楽しみました。

前回来た時は、雪中の真冬でしたが、春になり雪解けも進んで全サイトがオープンしてました。実際のキャンプの様子や周辺での観光の様子などをレポートしていきます。

[2022年]オートリゾート苫小牧アルテンで春キャンプ①

■アルテンへのアクセス

オートリゾート苫小牧アルテンは旭川市から高速道路を経由して車で約2時間30分。札幌市から高速道路を経由して車で約1時間15分とアクセスしやすい場所になっています。

■チェックイン・アウト

チェックイン・アウトは次のとおりです。

チェックイン12:30〜17:00
チェックアウト11:00まで
オートリゾート苫小牧アルテン

■センターハウスで受付

到着したのは13:30頃でした。早速センターハウスで受付を済ませます。今回利用したのは「カラマツH」の電源付きオートサイトです。

入り口ゲート抜けるとセンターハウスが見えてきます。

提供:northcampfire

■利用料金

カラマツH

設備4〜10月
通常料金
4〜10月
平日料金
(30%OFF) 
11〜3月
共同炊事棟・
電源
6,050円4,235円3,025円
オートリゾート苫小牧アルテン

■フィールドマップ

今回利用したサイトはこちらです。

オートリゾート苫小牧アルテン

■トイレと炊事場

カラマツHサイトはトイレがセンターハウスとなります。トイレは水洗トイレでウォシュレットまで付いています。

炊事場もカラマツHサイトのすぐ近くにあり、非常に便利でした。

■テント設営

早速テントを設営していきます。

テントを張る前のサイトはこんな感じ↓

提供:northcampfire

角地であったため、かなり広くなっていてテントを連結しなくて済みました。

提供:northcampfire

天気も良くて、目の前のカラマツがとても綺麗でした。

提供:northcampfire

■1日目の夕食

1日目の夕食は海鮮焼きでした。ホッキ・ホタテ・ツブ・海老を焼いていきます。最高のビールのつまみとなりました。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

■快晴の2日目

朝起きると天気は快晴。素晴らしい朝日に出会うことができました。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

■朝食は目玉焼き

朝食はいつもの目玉焼きにしました。この後、海鮮丼を食べに行くことにしたので、クロワッサンで軽めの朝食です。

提供:northcampfire

■朝食後は散歩

朝食後はいつもの散歩の時間です。アルテン周辺を散策します。

提供:northcampfire

アルテンの広場には一部桜が咲いていました。桜はまだ開花始めといったところでした。

提供:northcampfire

[2022年]オートリゾート苫小牧アルテンで春キャンプ②

■ぷらっとみなと市場「みなと食堂」

苫小牧といえば海鮮丼が有名です。有名店の「マルトマ食堂」は以前食べることができたので、今回はぷらっとみなと市場前の「魚金食堂」をめざします。

さすがはGW。長蛇の列で諦めました。

ぷらっとみなと市場内にある「みなと食堂」で食べることにしました。

おすすめは「おまかせ10種丼」。

1,400円(税込)でボリュームある海鮮丼が食べられます。

提供:northcampfire

関連ランキング:海鮮丼 | 苫小牧駅

■白老マザーズプラス

白老のマザーズプラスに向かいます。途中、社台ファームの牧場で馬を見ることができました。

提供:northcampfire

マザーズプラスに到着。とても綺麗で大きな建物でした。ニワトリの足跡がついた歩道や、たまごのモニュメントがとても印象的な施設です。

提供:northcampfire

「生シュークリーム」「いちごのロールケーキ」「亜麻仁たまご」を購入しました。

提供:northcampfire

■2日目の夕食

2日目の夕食は焼肉です。苫小牧市内のビックハウスで仕入れました。北海道産の黒毛和牛をいただきました。サシが綺麗に入っていて柔らかくとても美味しくいただきました。

提供:northcampfire

■撤収

3日目の朝は雨予報だったので、朝ごはんを軽く食べて、すぐに撤収作業。撤収も慣れてきてどんどん早くなっています。

提供:northcampfire

まとめ

GWを利用して2泊3日のキャンプとなりました。行き慣れたオートリゾート苫小牧アルテンですが、季節が変わるたびに違う雰囲気を楽しむことができます。

電源や炊事場付きのオートキャンプ場のため、ファミリーキャンパーが多く利用していました。日中は賑やかですが、夜になると静かに過ごすことができます。

センターハウスの設備も充実しており、さすが高規格キャンプ場といったところです。キャンプ初心者であれば一度は利用するといいでしょう。

これからキャンプシーズンを迎えます。アウトドアを楽しんでいきましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)