[2021年]道内一の高規格キャンプ場!苫小牧アルテンで冬キャンプ


どうもnorthcampfireです。

2021.12.04(sat)~6(mon) 天候:晴れ 最高気温:3.9°c 最低気温:-4.2°c

北海道も12月に入り最低気温がマイナスを下回る日が多くなりました。大雪になる前に冬キャンプを楽しもうと「オートリゾート苫小牧アルテン」を訪れました。

実際のキャンプ場の様子や周辺施設などについてご紹介していきます。

[2021年][2021年]道内一の高規格キャンプ場!苫小牧アルテンで冬キャンプ

■オートリゾート苫小牧アルテンまでの道のり

北海道苫小牧市にある「オートリゾート苫小牧アルテン」は札幌から高速道路で約1時間30分、旭川から高速道路で2時間40分の場所にあります。札幌圏から比較的近く繁忙期は予約が取れないほど人気のキャンプ場です。

■利用料金

フィールドマップ

出典:オートリゾート苫小牧アルテン

コテージを除く利用料金は次のとおり。

利用料金

みずならサイトA・B(セミオート)共同W.C、
共同炊事棟
4〜10月通常料金 3,300円
4〜10月平日料金(30%OFF) 2,310円
11〜3月クローズ
みずならサイトC・D・E(オートサイト)共同W.C、
共同炊事棟
4〜10月通常料金 4,400円
4〜10月平日料金(30%OFF) 3,080円
11〜3月 2,200円
しらかばサイトP・Q・R・S(オートサイト)共同W.C、
共同炊事棟
ペット可
サニタリーハウス
4〜10月通常料金 5,500円
4〜10月平日料金(30%OFF) 3,850円
11〜3月クローズ
からまつサイトG(オートサイト)共同炊事棟・
電源・TV端子
ペット可
4〜10月通常料金 6,050円
4〜10月平日料金(30%OFF) 4,235円
11〜3月 3,025円
からまつサイトH(オートサイト)共同炊事棟・
電源
4〜10月通常料金 6,050円
4〜10月平日料金(30%OFF) 4,235円
11〜3月 3,025円
からまつサイトJ・K・L・M(オートサイト)炊事台・
電源・TV端子
ペット可
4〜10月通常料金 6,600円
4〜10月平日料金(30%OFF) 4,620円
11〜3月 3,300円
からまつサイトF(オートサイト)炊事台・
電源・TV端子
ペット可
4〜10月通常料金 6,820円
4〜10月平日料金(30%OFF) 4,774円
11〜3月 3,410円
出典:オートリゾート苫小牧アルテン

■センターハウス

中央には大きなセンターハウスがあります。トイレや炊事場、コインランドリー、シャワールーム(24時間無料)、売店などがあります。

提供:northcampfire

炊事場は常にお湯が出ます。この時期には非常にありがたいです。

提供:northcampfire

■利用したのは「からまつHサイト」

今回利用したのは「からまつHサイト」です。電源のみのサイトですが、ベンチテーブルがありました。かなり広々しているのでテント+タープ(シェルター)でも余裕を持って張ることができます。

提供:northcampfire

■テント設営

早速テントを設営していきます。今回はマイナス気温になるためポリコットン素材の「tent-mark TC」を立てていきます。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

テント内はコットスタイルです。ストーブはコロナの高出力ストーブで過ごします。寝袋は封筒型の寝袋の中にモンベル#0番と電気毛布を入れています。

提供:northcampfire

■夜はヒュアーハンドランタン

食事時はLEDランタンを使用しますが、それ以外はほぼヒュアーハンドランタンだけで過ごします。炎を見ながら眠くなるまで飲み続けます。この時間が大好きです。

提供:northcampfire

■最高の夕日

この日は晴れでした。最高の夕日を見ることができました。からまつ林がとてもきれいです。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

■しばれる朝

朝起きるを外気温は-5°cでした。天気のいい朝ですがとてもしばれています。朝日がとてもきれいでした。テントはもちろんのこと、落ち葉や車のボンネットも凍っていました。

提供:northcampfire
提供:northcampfire
提供:northcampfire
提供:northcampfire

■満天の星空

かなり寒いですが、天気がとてもよく満天の星空を見ることができました。夏に撮影したときよりも冬は空気が澄んでいるようで、よりきれいに見えました。

提供:northcampfire

■食事編

1日目の夕食

1日目の夕食は、オホーツク産の玄米牛のヒレを手に入れたので、焼き肉からスタートします。最高です。その後は牡蠣とホタテとマッシュルームのアヒージョです。満足しました。

提供:nnorthcampfire
提供:northcampfire

2日目の夕食

2日目の夕食は白老牛を手に入れたので「すき焼き」を楽しみます。

提供:northcampfire

■ゆのみの湯

すぐ近くに歩いて行くことのできる「ゆのみの湯」があります。入浴料金は600円ですが、3日間の有効期間内であれば何度も入浴することができます。これは非常にお得です。滞在期間中は2度利用しました。

提供:northcampgfire

■観光編

ぷらっとみなと市場

苫小牧市内を観光しました。以前より気になっていた「マルトマ食堂」に向かいましたが、激混みで諦めました。隣の「ぷらっとみなと市場」の「みなと食堂」で海鮮丼を食べます。

提供:northcampfire

おすすめ10種丼を注文。1,300円(税込)でした。かなりお得です。ネタも新鮮で満足することができました。

マルトマ食堂

1日目に訪れましたが、超激混みでした。行列が途切れることなく続いています。

どうしても食べてみたくて作戦を立てます。レビューを調べると平日の9時頃なら並ばずに入れるとのことなので、早朝から何も食べずにテントを撤収します。着いた時刻は朝の8時30分。

並ばずに入店できました。早速「マルトマ丼」を注文。1,500円(税込)でした。ネタがどんんぶりからはみ出るほど。小ぶりの丼ぶりではあるものの、お腹いっぱいで満足できました。

提供:northcampfire

漁港のすぐ隣にあり、基本的には漁師さんのためにやっているお店とのこと。漁師さんを優先することもあるようです。

提供:northcampfire

まとめ

北海道苫小牧市にある「オートリゾート苫小牧アルテン」を訪れました。以前にも訪れたことのあるキャンプ場ですが、道内一の高規格キャンプ場と言われるとおり、最高の環境で過ごすことができます。なんと「からまつサイト」ではWI-FIも繋げることができるようになっていました。

24時間無料のシャワールームや近場の温泉、お湯が出る炊事場やきれいなトイレなど、まさに高規格なキャンプ場といえます。

海も近く「ホッキ貝」をはじめ新鮮な海産物を味わうこともできます。1泊2日程度のキャンプでは満喫することができないんじゃないかと思うくらいです。

道内でも立地環境が良いことから常に人気のキャンプ場で混雑期は予約できないほどです。寒くなったこの時期でも土日はほぼ予約で埋まっているので、平日あたりで考えてみるといいでしょう。

北海道でキャンプするなら是非訪れてみてほしいと思います。これからもアウトドアライフを楽しんでいきましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)