キャンプで快適に過ごせる気になるハイコット5選


どうもnorthcampfireです。

キャンプあるあるですが

  • 寒くて眠れなかった。
  • 寝心地が悪くて睡眠不足。

など、いろいろな理由で睡眠不足を経験された方も多いのではないでしょうか。そこでマットシートを敷いたり、空気マットを買ったり、コットを使ったりとその対策は様々です。

ここでは、コットのなかでもハイコットのタイプの良さを紹介していきます。

コットの種類

コットにはローコットとハイコットの2つタイプがあります。

■ローコットの特徴

  • 安価で購入しやすい
  • 軽量コンパクト
  • 持ち運びやすい
  • 重量が重くても対応できるものが多い

などあります。

■ハイコットの特徴

  • 重たい
  • 大きい

これに尽きます。しかし、デメリット以上の効果もあります。それは

  • 高さがあり椅子のように座れる。
  • 地上から離れているため地面からの寒さを感じにくい。
  • コットの下を収納に使える。

というように良いメリットもたくさんあります。

そこでコットの中でもハイコットに注目し、キャンプで快適に過ごせる気になるハイコットを紹介していきます。

キャンプで快適に過ごせる気になるハイコット5選①

■スノーピーク コット ハイテンション

出典:スノーピーク
商品仕様
サイズ:2,000×650×320(h)mm
重量:6kg
収納サイズ:1,250×165×145(h)mm
出典:スノーピーク

キャンプで快適に過ごせる気になるハイコット5選②

■モンベル フォールディング フィールドコット

出典:モンベル
商品仕様
重量:6.58kg(6.83kg) ※( )内はスタッフバッグを含む重量です。
サイズ:高さ40×幅66(最大幅72cm)×奥行き190cm
収納サイズ:94×10×19cm
出典:モンベル

キャンプで快適に過ごせる気になるハイコット5選③

■コールマン パックアウェイ コット

出典:コールマン
商品仕様
使用時サイズ:約190×64×38(h)cm
収納時サイズ:約94×17×22(h)cm
重量:約4.6㎏
出典:コールマン

キャンプで快適に過ごせる気になるハイコット5選④

■ロゴス グランベーシック EZアッセムコット

出典:ロゴス
商品仕様
総重量:(約)6.3kg
サイズ:(約)190×76×40cm
収納サイズ:(約)92×20×12.5cm
出典:ロゴス

キャンプで快適に過ごせる気になるハイコット5選⑤

■ユニフレーム リラックスコット

出典:ユニフレーム
商品仕様
使用時:約193×69×(高さ)45cm
収納時:約77×32×18cm
重量:約7.5kg
耐荷重:約80kg(1スパンあたり)
出典:ユニフレーム

まとめ

キャンプで快適に過ごせる気になるハイコットをまとめてみました。快適な睡眠は、キャンプ生活をより充実させてくれます。ハイコットは、重たいし、大きいため敬遠されがちではありますが、魅力も十分にあります。

そんなハイコットで快適なキャンプを楽しみましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)