【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました


どうもnorthcampfireです。

2020.9.20(sun)〜21(mon) 天候:晴れ 最高気温:20度 最低気温:14度

9月の4連休ということもあり、どこのキャンプ場も混雑しているようです。また、天候も変わりやすい秋空ということもあって、キャンプ地選びに苦戦しました。

そんななか道内でも天気の比較的良さそうな地域である道東の2泊3日キャンプを計画しました。初日は釧路市にある「山花公園オートキャンプ場」を訪れました。運も良く快晴となり、雨に当たることはありませんでした。

そんな北海道の釧路市にある「山花公園オートキャンプ場」でのキャンプの様子のレポートしていきます。

【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました①

■和商市場で勝手丼!

まずはキャンプ前の腹ごしらえです。初めからここを訪れることは決めていました。釧路市でとても有名な「和商市場」。ご飯の丼を購入して好き勝手にトッピングする刺身を注文するシステム。

ついつい多く頼んでしまいます。

提供:northcampfire

早速、どんぶりご飯を買って、好きなお店に並びます。

提供:northcampfire

こんな感じになりました。

提供:northcampfire

釧路産のマグロだそう。秋鮭のシーズンであるのでサーモンやいくら、その他地域の旬の海鮮をおすすめされるまま注文。最高にうまかったです。価格も安く、この値段にこの味。十分に満足することができます。

満足したので、買い物を済ませて、本日のキャンプ地である「山花公園オートキャンプ場」をめざします。

【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました②

■管理棟で受付!

釧路市から30分ほど車を走らせると、山間にキャンプ場がありました。早速管理棟で受付を済ませます。

提供:northcampfire

大きなセンターハウスでした。中ではちょっとしたキャンプ用品や食料などを購入することができるようになっています。

■ゴミ処理

受付時にゴミの処理方法について説明を受けます。ほとんどのゴミは分別とはなりますがきちんと捨てて帰ることができます。専用のゴミ袋をいただけました。別途料金などはかかりません。利用料金に含まれているようです。

■今回利用するのはスタンダードカーサイト

今回利用するのはスタンダードカーサイト。

提供:northcampfire

スタンダードカーサイト(電源付き):3,170円+大人760円×2=4,690円のサイトです。

入り口のゲートを抜けていきます。

提供:northcampfire

【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました③

■テントを設営

電源付きのカーサイトです。区画は場所によって広さが若干違います。少し狭い感じがしましたが、林間キャンプさながらの雰囲気を感じることができました。

提供:northcampfire

それでもいつものヘキサエヴォにテントインスタイルで張ることができました。いい感じです。

■気になるトイレと炊事場

テント設営後はいつも通り、トイレと炊事場の確認をします。

炊事場はこんな感じ↓

提供:northcampfire

とても綺麗に管理されていました。

気になるトイレは↓

提供:northcampfire

和式と洋式の水洗トイレ。ウォシュレットまではありませんでしたが、近くにあるため、利用される方々も分散されるようです。

提供:northcampfire

洗面台が設置されていました。これは女性にとってすごく嬉しいのではないでしょうか。

【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました④

■釧路で炉端焼き

釧路市では炉端焼きも有名です。有名店で食べたいところですが、ここは「和商市場」で仕入れた羅臼産「真ホッケ」と「鮭のハラス」、地元スーパーで仕入れた厚岸産「牡蠣」で炉端焼き風です。

提供:northcampfire

最高です。地元の旬の食材でキャンプを楽しむが我が家のスタイルです。まあ夫婦キャンプなのでゆっくりと贅沢な時間を楽しみます。

■ランタンで夜を楽しむ

提供:northcampfire

夜はランタンひとつでビールを飲みながらゆったりと過ごします。眠たくなるまで飲み続けます。この時間が大好きです。

【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました⑤

■朝の散策

北海道も随分寒くなってきましたね。この時期のキャンプはストーブは欠かせない存在です。今回は電気毛布も持参しました。快適な夜を過ごすことができました。

そして、朝の散歩の時間です。起きるとすぐに散策に出かけます。立派なバーベキューハウスがありました。

提供:northcampfire

フリーサイトはこんな感じ↓

提供:northcampfire

フリーサイトとはいえ、区画に整理されていました。駐車場も近いので、もしかするとこちらの方が開放的なのかもしれません。

カーサイト方面↓

提供:northcampfire

山なりにサイトが形成されていて、コンパクトなイメージです。それでも隣のサイトを気にすることなく利用することができました。

【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました⑥

■朝食の時間です。

朝食の準備をしていきます。昨日の「和商市場」で気になるラーメンがありました。「釧路醤油ラーメン」をいただきます。

提供:northcampfire

こうなりました↓

提供:northcampfire

煮卵3個って。醤油は魚介系の風味がしっかりとあるタイプのラーメンでした。冷えた朝の体をあたためるには朝ラーメンは最高ですよ。

まとめ

9月の4連休を利用して、2泊3日の道東キャンプを計画しました。初日は釧路市の「山花公園オートキャンプ場」を訪れました。おかげさまで天候にも恵まれて秋空のキャンプを楽しめました。

海鮮丼を食べたり、地元食材で炉端焼きを楽しんだりと、釧路のポテンシャルの高さを感じます。

山花公園オートキャンプ場は、山花地区にあるキャンプ場で近くには「入浴施設」や「動物園」などもあります。今回は利用することができませんでしたが、時間あるときは是非訪れてみたいと感じました。

山間地で自然を身近に感じることができるキャンプ場です。北海道も秋は徐々に深まりを見せています。

まもなく冬がやってきますが、それまで秋キャンプを楽しんでいきましょう。それではまた!


“【2020年】秋キャンプ!釧路市山花公園オートキャンプ場を訪れました” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)