【2020年】キャンプ!網走市北海道立オホーツク公園てんとらんどを訪れました


どうもnorthcampfireです。

2020.9.5(sat)〜9.6(sun) 天候:曇り時々雨〜晴れ 気温:最高27度・最低20度

台風10号が近づいてくる中、北海道内の天気予報をみると、晴れそうなのは網走北見方面だったので、網走市にある「北海道立オホーツク公園てんとらんど」のオートキャンプ場を訪れることにしました。

北海道の9月上旬にしては気温も高く、快適に過ごせそうですが、天候がいまいち。道中では雨にあたることが多い1日目となりましたが、海産物をたらふく食べることを目的としたオホーツクキャンプに出かけました。

「北海道立オホーツク公園てんとらんど」オートキャンプ場のレポートです。

【2020年】キャンプ!網走市北海道立オホーツク公園てんとらんどを訪れました①

■海産物探し

この日はいつもより少し早めに出発して、オホーツク海の海産物で海鮮バーベキューを楽しもうと食材探しから始めます。

「網走番屋」と「道の駅」をめざします。

提供:northcampfire
提供:northcamnpfire

網走市の海産物や加工品がたくさんありました。

喉が乾いていたので「塩サイダー流氷」を購入。一気に飲み干します。

提供:northcampfire

続いて「ほたてバター風味醤油ラーメン」。明日の朝食に仕入れます。

提供:northcampfire

ひときわ目をひく「タラバガニ」

提供:northcampfire

さすがにこれは買えません。

道の駅の展望で網走川〜オホーツク海の眺め。きれいです。

提供:northcampfire

さすがオホーツク海の網走市。食材には困りません。

「網走番屋」で「朝茹でタラバガニの足」。道の駅で「ほたてバター風味醤油ラーメン」。市内のスーパーで地元の海産物などを購入するとこうなりました。

提供:northcampfire

最高の贅沢を味わうことができそうです。

【2020年】キャンプ!網走市北海道立オホーツク公園てんとらんどを訪れました②

■道立オホーツク公園てんとらんどをめざす

市内からとても近い場所にあります。多少忘れ物があっても市内で調達することができる距離です。

まずはセンターロッジで受付を済ませます。

提供:northcampfire

場内マップはこちら↓

出典:北海道立オホーツク公園

■プライベートテントサイト

今回利用するのは「プライベートテントサイト」。

提供:northcampfire

施設利用料金:2,000円、利用人数:800円×2名=1,600円、合わせて3,600円のサイトです。

ゴミは分別がしっかりしており、生ゴミ袋は無料、埋立ゴミ、プラスチック、空き缶などのゴミ袋をそれぞれ100円で購入します。

■入場します

受付で受け取った入場用のカードでゲートが開きます。

提供:northcampfire

ゲートを抜けると目の前に網走湖が見渡せます。

提供:northcampfire

少し曇っていて残念ですが、見晴らしもよく広々としています。

■テント設営

早速テントを設営していきますが、ここにきて雲行きが怪しくなってきました。

提供:northcampfire

いつものヘキサエヴォにアメニティドームMを設営。

■炊事場電源付き

炊事場電源まわりはこんな感じ↓

提供:northcampfire

隣のサイトとくっついているタイプ。重なるとちょっと気まずいかもしれません。

【2020年】キャンプ!網走市北海道立オホーツク公園てんとらんどを訪れました③

■気になるトイレ

やはり気になるのはトイレです。

提供:northcampfire

中央にある建物がトイレ棟です。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

水洗トイレで洋式のウォシュレット付き。清掃も行き届いていて清潔感があります。これは快適に利用できそう。

■共同の炊事場

サイトにも炊事場はありますが、共同で利用できる炊事場もあります。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

なんとお湯が使えます。テントサイトにも近く利用しやすい環境にありました。

【2020年】キャンプ!網走市北海道立オホーツク公園てんとらんどを訪れました④

■海鮮バーベキュー

今回の一番の目的である海鮮バーベキューをいただきます。

網走市内で産直の海産物を買いました。タラバガニは「朝ゆでタラバガニ」の足だけですが、1,400円で購入できました。これはお得です。

提供:northcampfire
提供:northcampfire

網走ビールで乾杯です。タラバガニは身がしっかり入っていて、とても美味しくいただきました。ホタテはバター醤油、青つぶはめんみで味付けするととても美味しくなります。

最高の海鮮バーベキューです。これこそキャンプの醍醐味でしょう。

■夜を楽しみ

キャンプ場の夜はランタン明かりや月明かりなど、日常では味わえない楽しみ方がいっぱいです。

ランタンとテントのある風景↓

提供:northcampfire

隙間から月明かり↓

提供:northcampfire

偶然にも雲の隙間から月が現れました。今日は見れないと思っていましたが…。

【2020年】キャンプ!網走市北海道立オホーツク公園てんとらんどを訪れました⑤

■2日目のはじまり

昨日はお腹いっぱいに海鮮バーベキューを食べて、たらふく飲んで楽しい夜を過ごせました。

さあ2日目のはじまりです。早朝から朝日を眺めます。昨日とはうって変わった晴天となりました。

提供:northcampfire

朝から周辺を散策します。

ロッジもあります↓

提供:northcampfire

一度は泊まってみたいですね。

バーベキューコーナー。昨夜は明かりが付いていて気になっていました。

提供:northcampfire

設備が充実しています。グループや家族で利用することができるようです。

■朝食の時間です。

朝食は昨日道の駅で買った「ほたてバター醤油ラーメン」に決めていました。味玉とチャーシューを添えて簡単にできました。

提供:northcampfire

ほたてとバターの風味が良く、完食です。少し寒い朝には朝ラーメン。定番になりそうです。

そして最後に高台で網走湖を眺めます。昨日とはうって変わって快晴です。

提供:northcampfire

2日目の朝は気持ちよく過ごせました。

まとめ

北海道の網走市にある「北海道立オホーツク公園てんとらんど」のオートキャンプ場を訪れました。網走市は冬にワカサギ釣りで訪れ以来となります。

オホーツクを代表する「タラバガニ」や「ホタテ」などの海産物が豊富で、お手頃な価格で入手することができます。全国の海鮮バーベキューファンなら一度は訪れてみたくなるのではないでしょうか。

オートサイトも広々としていて隣のサイトを意識することなく快適に過ごすことができました。炊事場やトイレもとてもきれいに管理されているので、女性や子供たちも安心して利用できます。

少し高台にあるため、網走湖を眺めながらキャンプができるので、最高の景色も楽しめます。

やはりうまいものを食べて、ビールをたらふく飲む。これだからキャンプはやめられません。

北海道はまもなく収穫の秋を迎えます。北海道で最高の秋キャンプを楽しみましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)