フライフィッシング!ワカサギドライフライをタイイングしました


どうもnorthcampfireです。

北海道阿寒湖でのワカサギドライフライのシーズンに向けて、この時期に少しタイイングしておこうと思います。

新型コロナの影響で外出自粛しているこの時期を利用して、自宅でできるタイイングに集中してみます。

今回タイイングするのは縦浮きのワカサギドライフライです。

フライフィッシング!ワカサギドライフライをタイイング①

■ワカサギドライフライ【縦浮き】

提供:northcampfire

■準備するもの

  • 発砲材
  • マイラーチューブ
  • アイ
  • シルバーテープ
  • メルティヘアー(白)
  • メルティヘアー (オリーブ)
  • UVレジン
  • LED-UVライト
  • フック(TMC300#6)

 

フライフィッシング!ワカサギドライフライをタイイング②

①発砲材

提供:northcampfire
コメント

発砲材を丸めて、ライターで炙って筒状にしていきます。

②マイラーチューブ

提供:northcampfire
コメント

マイラーチューブに丸めた発砲材を入れていきます。

提供:northcampfire
コメント

尻尾の部分をカットし、再びライターで炙ります。

提供:northcampfire
コメント

ヘッドの部分も同じようにカットし、ライターで炙り、ボディーを作ります。

③フック【TMC300#6】

提供:northcampfire
コメント

ボディにフック(TMC300#6)を取り付けます。この時、フックとボディを瞬間接着剤で止めると固定できてスムーズに作業できます。

④シルバーテープ

提供:northcampfire
コメント

シルバーテープでヘッド部分を作ります。そしてスレッドで先端を止めます。

⑤アイ

提供:northcampfire
コメント

アイを取り付けます。

⑥メルティヘアー

コメント

メルティヘアーのオリーブを上に、ホワイトを下に取りつけます。

⑦UVレジン&LED-UVライト

提供:northcampfire
コメント

UVレジンは百均に売っていたものを使用しましたが、大きいボトルを手芸店で見つけました。LED-UVライトも手芸店にあったものを使用します。

提供:northcampfire
コメント

ヘッド部分、背の部分と腹の部分にメルティヘアーをはわせて、UVレジンを塗り付けます。最後にLED-UVライトを2分ほど照射します。

提供:northcampfire
コメント

LED-UVライトを照射するとしっかり固まります。その後尻尾を切って完成です。

まとめ

ワカサギドライフライははじめはボディを作るのに結構苦労しますが、慣れてくると簡単にタイイングできます。多少うまくいかなくてもUVレジンでガッチリと固めることもできるので、あまり細かいことを気にしなくても作ることができました。

北海道阿寒湖は5月に解禁となります。それまでフライなどマテリアルをしっかり準備して楽しいフィッシングライフを楽しみたいと思います。

どこかのフィールドでお会いしましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)