【2021年】テント内で使えるLEDランタンおすすめ5選


どうもnorthcampfireです。

キャンプには快適な夜を過ごすために照明は必需品になります。照明にもいろんな種類があり「屋外用」「室内用」と分かれておりそれぞれ特徴があります。

特に「室内用」では、火を使うことができないため、近年では「LEDランタン」を使用する方々が多い印象を受けます。

そこで今回はテント内の上部に吊るして使用できる小型の「LEDランタン」をご紹介します。

アイキャッチ:StockSnapによるPixabayからの画像

【2021年】テント内で使える小型LEDランタンおすすめ5選①

■ランタンの種類

ランタンにもいろんな種類があります。特に「室内用」だと火を使えことができないため、「電池式・充電式」のものが主流です。

屋外用

  • ガソリンランタン
  • オイルランタン
  • ガスランタン

などがあります。これらのランタンは非常に熱くなるため、室内での使用には向いていません。

室内用

  • LEDランタン
  • 電灯式ランタン

などがあります。これらのランタンはさらに

  • 乾電池タイプ
  • 充電式タイプ

があり、乾電池を交換して使用するタイプと、あらかじめ充電して使用するタイプがあります。連泊など長時間のキャンプになる場合は充電の必要がない乾電池タイプのものを選択するといいと思います。

【2021年】テント内で使えるLEDランタンおすすめ5選②

■ベアボーンズ リビング ビーコンライト

商品仕様
サイズH15.2×W7.6cm
重量127g
電池方式2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)※充電式
連続点灯時間(LOW)200時間
(MID)5~6時間
(HI)3時間
明るさ30~220ルーメン

■スノーピーク たねほおずき

商品仕様
サイズφ62×75(h)mm
重量57g(電池を除く)
電池方式単四形アルカリ乾電池(LR03)3本使用
連続点灯時間Hi-60時間
Low-100時間
明るさ60ルーメン

■コールマン ランタン ハンギングEライト

商品仕様
サイズ直径7×5(高さ) cm
重量約130g
電池方式リチウムイオン電池 (内蔵・交換不可)※充電式
連続点灯時間High:約10H
Middle:20H
Low:約40H
明るさHigh250/Middle100/Low30

■ロゴス ランタン LED ROSY ダウンライトミディ

商品仕様
サイズ約7×7×4cm
重量約50g
電池方式単四アルカリ乾電池×3pcs
連続点灯時間強/5時間
弱/23時間
明るさ120ルーメン

■ハイランダー LEDランタン

商品仕様
サイズ約H6.4×W8cm
重量約194g
電池方式リチウムイオン電池※充電式
連続点灯時間6.5h(白光強)
13h(白光中)
6.5h(暖光強)
80h(暖光弱)
10h(暖光中+白光中)
36h(赤ストロボ)
46h(赤SOS)
19h(赤ライト)
明るさ300ルーメン

まとめ

テント内では火を使用することができないため、LEDランタン等を使用するキャンパーは多いのではないでしょうか。今回はその中でもテント上部に引っ掛けて吊り下げることができる小型のタイプのものをまとめてみました。

電池式や充電式などいろいろなタイプのものがありますが、皆さんのキャンプスタイルに合わせてお好みのものを選択するといいでしょう。

どこかのキャンプフィールドでお会いしましょう。それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)