北海道キャンプ!ゴールデンウィークに訪れてみたいオートキャンプ場特集


どうもnorthcampfireです。

まだまだ先ですが、ゴールデンウィークに向けて少しずつ準備をはじめています。

北海道のゴールデンウィークは、まだまだ寒く、雪の影響もあって、一般のキャンプ場はほとんどオープンしていません。この時期にオープンしているのは管理がしっかりしているオートキャンプ場になります。

オートキャンプ場は、トイレもきれいでシャワーもあったり、管理棟では必要なキャンプ道具、ちょっとした食品なども購入することができます。

北海道のゴールデンウィークで訪れてみたいオートキャンプ場を特集してみます。

北海道キャンプ!ゴールデンウィークに訪れてみたいオートキャンプ場①

■スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

出典:スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド
出典:スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド
出典:スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

■利用料金

サイト名サイト数内容料金
Aサイト30電源なしのオートサイトです。
区画サイズは約7m×8m、駐車スペースは約8m×2mとなります。
1,800円(税込)
※リサイクル料金(400円)が別途かかります。
Bサイト(電源付区画オートサイト)13電源付のオートサイトです。
区画サイズは約7m×8m、駐車スペースは約8m×2mとなります。
3,000円(税込)※リサイクル料金(400円)が別途かかります。
フリーサイト約16車を駐車場においてテントのみ張れます。800円(税込)※リサイクル料金(400円)が別途かかります。
トレーラーサイト2電源なしのトレーラー用オートサイトです。1,800円(税込)※リサイクル料金(400円)が別途かかります。
出典:スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド
出典:スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド
コメント

スノーピークが提供するキャンプフィールドです。キャンプ道具の展示販売も行っていて、これは買ってしまいそう。我が家は今年からスノーピークアメニティードームMにしました。これは行くしかないでしょう。とても楽しみしているキャンプ場のひとつです。

北海道キャンプ!ゴールデンウィークに訪れてみたいオートキャンプ場②

■オートリゾート苫小牧アルテン

出典:オートリゾート苫小牧アルテン
出典:オートリゾート苫小牧アルテン
出典:オートリゾート苫小牧アルテン

■利用料金

サイト名サイト料金設備
みずなら A・B3,150円共同W.C、共同炊事棟
みずなら C・D・E4,200円共同W.C、共同炊事棟
しらかば P・Q・R・S5,250円共同W.C、共同炊事棟
ペット可
サニタリーハウス
からまつ G5,775円共同炊事棟・電源・TV
ペット可
からまつ H5,775円共同炊事棟・電源
からまつ F・J・K・L・M6,300円共同炊事棟・電源・TV
ペット可
出典:オートリゾート苫小牧アルテン
コメント

我が家で何度も訪れたことのあるキャンプ場です。きれいに区画管理され、とても快適に過ごすことができます。周囲の区画サイトとも適度な距離も保たれるため、周りをあまり気にすることなくキャンプを楽しめます。また、近くに温泉があるところが最高にうれしい。

北海道キャンプ!ゴールデンウィークに訪れてみたいオートキャンプ場③

■オートリゾート滝野

出典:オートリゾート滝野
出典:オートリゾート滝野
出典:オートリゾート滝野

■利用料金

出典:オートリゾート滝野
サイト名サイト数利用料金設備
スタンダードカーサイト404,200円ACコンセント(20A2口)
共同炊事場
フリーテントサイト501,600円
出典:オートリゾート滝野
コメント

札幌近郊のオートキャンプ場で夏場にかなり人気のあるキャンプ場。多くの家族連れで賑わいます。都会に近いことから、これまでは訪れていなかったのですが、ゴールデンウィークなら少しは空いているかと期待。フリーテントサイトも広くてこちらの方が我が家向きかも。

2020年キャンプに使用するテントとチェア

2020年キャンプで使用する我が家のテントとチェアはこちら

まとめ

2020年ゴールデンウィークは、1箇所に集中するため、観光地では混雑が予想されます。北海道のこの時期にキャンプをする人はいるのですが、全体的にそれほど多くはありませんが、これらのオートキャンプ場に限っては、おそらくいっぱいになるでしょう。

今からしっかりキャンプ計画を立てて、楽しいゴールデンウィークを過ごしたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)